Home商品インプレッション › ドイター/フリーライダープロ

photo

スキーに集中できる
プロガイド愛用バックパック

ドイター/フリーライダープロ

文:ツヴェート・ポドロガル(国際山岳ガイド)

本ページの内容は商品インプレッション記事のため、使用者個人の感想を含んでおります。

プロガイドとして「ドイター」のバックパックを使う

私はスロベニア出身で、母国でスキーの選手としての生活を送ったあと、登山のガイドの資格を取得した。日本で山のプロガイドとして働いて、すでに20年以上が経つ。私の育った国、スロベニアは、オーストリアの南、イタリアの東に位置し、美しい自然が残されており、国土は小さいながら世界有数のスキーリゾートを持つ中央ヨーロッパのスポーツ大国として知られている。

私は普段、日本とスロベニアをはじめとするヨーロッパ諸国で幅広い登山のガイドを行っている。日本では主に春~秋はクライミング、冬はバックカントリースキーのガイドとして活動している。このガイド活動、またプライベートのアクティビティにおいて、私はドイターを選択している。しっかりした荷重バランスを保つ構造、丈夫な素材をつかっているドイターのバックパックは、年間100日以上も山に入る私にとって、かけがえのない相棒となっている。信頼できる道具を実際に試して使い続ける。これはプロガイドとしての選択だと思っている。

  • photo
    バックカントリースキーは、自然との一体感を得られるスポーツだ。

バックカントリースキー用ザックも「専用」を選択

バックカントリースキーを行う上でバックパックは一番重要なギアの一つだと感じている。私にとって常に完璧な機能を提供してくれるのがフリーライダープロ。

プロガイドとして必要な、アバランチギア、ロープ、ファーストエイドキットの他、同行者のためのグローブ、ゴーグル、登行用のシールなどのバックアップ装備も30リットルの容量にストレスなく収納できる。ギアの選択や収納を工夫すればマルチデイにも対応できる容量だ。

このフリーライダープロ、愛用者として誇りたいのは何といっても「荷物を詰めて背負った時のバランスの良さ」だ。パックに詰めた荷物の重さを感じにくく、なにより後ろに引っ張られる感覚がいままで使った他のメーカーのバックパックと比べ非常に少ないのが特長だ。これはヒップフィンがしっかりしていること、そしてパックそのものの剛性があるからだと理解している。このため、バックカントリースキーのような予想がつかない地形や難易度の高い斜面を滑り降りる際にも背中の荷物を気にすることなく、また、体の自由な動きが妨げられることなくスキーに集中することができる。

  • photo
  • photo

スキーギアの収納も良く考えられている高性能スキーリュック

バックカントリースキーではゲレンデのスキーと比べ、持ち運ぶギアも多くなるが、これも大変スマートに運ぶことができる。例えばヘルメットの装着。それから日焼け止めクリームやパワーバーなどの行動食を収納できるヒップフィンポケット。ハイクアップなどの際にパックの前面にギアを装着していてもメインの荷室のギアを取り出せるバックアクセス機能などが装備されている。

また、ハイクアップの際、急峻な登りに差し掛かった際、スキー板を外してバックパックに装着しなければならない時も、サイド部分にスキー板を装着することができる。もちろんスノーボーダーにも便利なバックパックだ。登りはスノーシューを使うのでスノーボードをパックに装着、下りはスノーボードで滑るから、スノーシューはフロント部に固定。スノーボードの時は、登りも下りもパック前面はギアで塞がっているからバックアクセスは大変便利だ。

  • photo急峻なハイクアップを終えて
  • photoサイド部にスキーを装着

これからもドイターのバックパックを使い続けたい理由

ドイターの製品というものは、実際のフィールドで使った時にその価値が分かるものだと思う。例えばバックアクセスのジッパー。しっかりとしてスムーズなこのジッパーは氷点下20℃くらいでもそのスムーズさは失われることがなく、また、厳冬期用のグローブをしていても開閉がしやすい。また、使っている生地も春のスキーでも撥水性が高く、安心だ。そして忘れてはいけないのが背面の通気性だ。バックカントリーでのハイクアップで少しペースを上げた時も、背面の通気性があり、汗をかくことを極力減らすことができる。この背面の通気性はユーザーの負担を減らすことが期待できる。ユーザー本位のモノづくりをするドイターならではのポリシーだと思う。

私のスキーアクティビティに対応するための全てが整っていると言えるこのドイターのバックパック。これからもフリーライダープロの出番は減ることはないと思う。

  • photoバックアクセスジッパーを装備
  • photo背面の通気性を考慮したデザイン「アルパインバックシステム」を採用。

この記事は2020年1月現在の情報をもとに掲載しています。

photoツヴェート・ポドロガル(国際山岳ガイド)
スロベニア生まれ。アルペンスキーやバックカントリースキーに親しみ、ナショナルチームのクロスカントリースキーメンバーとして、ワールドカップやインターナショナルチャンピオンシップで、数々の成績を残す。1979~1989年まではスロベニアのオリンピック強化選手となり、レークプラシッド(アメリカ)、サラエボ(旧ユーゴスラビア)オリンピックに出場。旧ユーゴ時代には調査隊のメンバーとして、ダウラギリ峰の登山にも参加した。
1992年より日本在住。2001年には日本在住の外国人として初となる日本山岳ガイド協会認定山岳ガイド(登攀ガイド)に登録。2012年にUIAGM/IFMGA認定の国際山岳ガイドとなる。
山岳ガイド事務所C&Cジャパン(http://www.candcjp.com/

商品インプレッション