BUY ONLINE

About LOWA

History

History

1923 LOrenz WAgner(ローレンツ・バーグナー)により創設
ブランド名は創業者の名前から2文字ずつをとりLOWAとした
1986 ゴアテックスとの提携がスタート
1996 レネゲードGTがドイツのアウトドア展示会で発表される
1998 生産設備、本社工場の刷新を図る
2013 90周年を迎える
2017 LOWAのアンバサダーである登山家、プロガイドを開発チームに迎え、LOWA PRO Teamを結成

Core Value

ローバーが大事にしている価値観は3つ、
QUALITY(品質)、FIT & COMFORT(フィット感と快適性)とそれを支えるINNOVATION(技術革新)です。

Core Value

Simply moreに込める品質への想い

1923年の創業以来、ローバーはドイツ・バーバリア地方のイェッツェンドルフという小さな街に根をおろし、伝統と品質を重んじて靴づくりを続けています。

ローバーのブランドロゴに記載されている “Simply more“は、ローバーの品質に対する姿勢を表しています。それは、アウトドアスポーツへの情熱と共に、最新の技術と機能的な素材を結びつけ、質の高い靴づくりを純粋に追い求めていくことです。さらに、本当に大切なことは、ローバーブーツの持つ高い品質をユーザーに実感してもらうことだと考えています。

Fit&Comfortを支える機能

Fit&Comfortを支える機能

ローバーが追及する高い品質とは、抜群のフィット感とそれによりもたらせる快適性に集約されます。使用時期や用途を考慮して設計された構造、良質な素材、そしてそれらの持ち味を最大限に高めるための機能で成されます。

例えば、登山中の一歩一歩に関わる機能では、シューレースフックをアッパー本体に直接取り付けるのではなく、歩行時の動きに追従するように独立して取り付ける「LOWA Flex(ローバー・フレックス)」があります。この機能は、骨や筋肉による微妙な膨らみやカーブをもつ足に対して包み込むような高いフィット感を常に実現します。解剖学に基づいた素材の選択や形状デザインを施している「C4・タング」も快適な歩行性能を高めるLOWAならではの機能です。

製品ごとに搭載されている機能は、各製品ページの機能アイコン一覧で確認することができます。

LOWA PROチームと共に成される革新的な技術

LOWA PROチームと共に成される革新的な技術

登山者が求めるものは何か?
いま考えられうる最高の素材や技術は何か?
ローバーは常に探求しています。

ローバーは、トップアスリートとして活躍するクライマーや山岳ガイドをLOWA PROチームのメンバーとして本社に招き、製品開発のミーティングを開催しています。それは、経営者、開発者、製造責任者、デザイナーも加わり細部にわたるまでの機能やフィット感の追求に関する意見交換がなされるの場です。

アルパインブーツに搭載されている「CLOSE TO THE ROCK」、「CLOSE TO THE GROUND」、「SHOCK ABSORBER」の機能は、岩場の細かなスタンスに立ちこむ際の足先や足裏感覚の追求とクッション性の両立というトップアスリートならではの発想と最新の技術への理解とがつくりだした事例です。

Made In Europeへのこだわり

Made In Europeへのこだわり

ローバーは自らの考える品質基準を保つために、MADE IN EUROPE(ヨーロッパ生産)にこだわっています。これは、品質維持のためだけではなく、それを実現する職人たち同志の技術の継承、信頼関係を築き上げた素材供給メーカーなどローバーに関わる人々の生活を維持するために大切にしていることです。