画像:エアコンタクトコアを使用した縦走イメージ

 DEUTER IS 
 FOR WANDERERS 

山の楽しみが広がる縦走用バックパック

エアコンタクトコアは推奨最大パッキングウェイトが大きいため、
必須装備を詰め込んでも十分すぎる“余剰パッキングウェイト”が確保できます。
担ぎ手の可能性と創造性を、バックパックが制限することがなく、
これまで我慢していた「やってみたい」を実現することが可能なバックパックです。

山頂を目指すだけではなく、山の楽しみは人それぞれ、
「美しい山々を高画質な写真に収めたい」「フレッシュな食材で手の込んだ
美味しい山メシを作りたい」「山の上でも贅沢なひと時を過ごしたい」。

画像:エアコンタクトコア製品画像

「やってみたい」を実現する道具も楽々パッキングできる
エアコンタクトコアを背負えば、山でのさらに鮮烈な体験が待っています。

画像:エアコンタクトコア製品画像

荷物は軽い方がいい。
だけど、削りたくない物だってある。

エアコンタクトコアは十分なパッキング力と快適な背負い心地があります。縦走登山の「必須装備」だけではなく、「やってみたい」を叶えるプラスワンアイテムもパッキングできます。山岳写真用のカメラ、おいしい食事のための食材や調理器具、山で優雅な時間を過ごすための快適グッズ。「軽量化のため」に山での楽しみを削る必要はもうありません。

画像:登山イメージ 写真撮影

 PHOTO 

心震わされる風景を
一眼レフにおさめる楽しみ

画像:登山イメージ カメラ
画像:登山イメージ 野鳥
画像:登山料理イメージ

 COOK 

体力も気力も満たされる
山料理を作って食べる楽しみ

画像:登山料理イメージ お弁当
画像:登山料理イメージ コーヒー
画像:テント場イメージ リラックスタイム

 COMFORTABLE 

山のテント場で過ごす贅沢な時間を、
快適アイテムでゆったり楽しむ

画像:テント場イメージ 快適なベッド
画像:テント場イメージ テント設営

パッキング例 山岳写真を楽しむ

エアコンタクトコアの推奨最大パッキングウェイトは25kg。テント泊縦走に必須な装備を15kgまでパッキングしても、「プラスワンアイテム」を10kgまでパッキング可能。山岳写真を楽しむ場合、一眼レフ・替えレンズ・三脚をパッキングできて、縦走中に出会う素晴らしい風景を最高画質で切り撮れます。

画像:パッキング例 山岳写真を楽しむ

フィットしてドライな背負い心地

画像:縦走登山イメージ

思うままにギアを詰め込んだバックパックを腰70%、肩30%の理想的な荷重バランスに分配する剛性はもちろんのこと、それぞれの体形にワンアクションで背面調整を可能にした機能、熱を効果的に排出させドライ感を保つための背面構造を備えています。

画像:背面の素材と機能

背面長を簡単に調整できる「バリスライドシステム」

オレンジのバックルを立ててストラップを引くだけで背面長を無段階で調整できます。ユーザーの体に合わせてフィット感を高められます。

クッション性に優れ、通気性も備えた背面システム

軽さ、通気性、クッション性を高い次元でバランスさせた新素材「エアスペーサーメッシュ」を採用。センター部分にはベンチレーションダクトを備えることで熱を効果的に排出し、背中のムレを最大限に抑制します。

山で楽しむなら、環境にやさしく。

画像:100%リサイクルのファブリック

ドイターはアウトドア産業に携わる企業として、その活動により自然環境や社会に生じるネガティブインパクトを極限まで削減するチャレンジを続けています。エアコンタクトコアのメインファブリックには100%リサイクル素材を採用。ドイターはこれからもサスティナビリティを尊重し実行していきます。

エアコンタクトウルトラの主な機能

  • 1

    画像:アジャスタブルリッド

    アジャスタブルリッド

    トップリッドの高さを伸長でき、メイン気室の容量を各モデルともに10L増やすことが可能。

  • 2

    画像:デタッチャブルリッド

    デタッチャブルリッド

    トップリッドは取り外し可能で、登山シーンに応じて使い分けることができます。

  • 3

    画像:トップリッドポケット

    トップリッドポケット

    ヘッドランプやファーストエイドキットなど、貴重品や小物が収納できるトップリッドポケット。

  • 4

    画像:ハイドレーション対応

    ハイドレーション対応

    本体内部に格納可能なハイドレーションパックからのチューブポートを設けています。

  • 5

    画像:ショルダースタビライザー

    ショルダースタビライザー

    自分の肩の形状に合わせながら荷重を体に引き付けることができるスタビライザーベルトです。

  • 6

    画像:チェストストラップ

    チェストストラップ

    高さを簡単に調整できるチェストストラップです。

  • 7

    画像:デイジーチェーン付ショルダーストラップ

    アクセサリー取付用ループ

    小型のカラビナ付きアクセサリーポーチなどを付けることが可能なループを設置。

  • 8

    画像:ストレッチフロントパネル

    ストレッチフロントパネル

    行動中に脱ぎ着するアウターシェルやレインウエアなど、アイテムを一時的に収納できるスペースです。

  • 9

    画像:フロントアクセスファスナー

    フロントアクセスファスナー

    メイン荷室にアクセスできるファスナーです。トップリッドを外すことなく、レインウエアなどを素早く取り出せます。(対象モデル:55+10SL、65+10SL、60+10、70+10 のみ)

  • 10

    画像:ボトムコンパートメント

    ボトムコンパートメント

    ファスナー付の隔壁でメイン荷室を2つに分けることができ、多様なパッキングスタイルに対応できるシステム

  • 11

    画像:モジュラーギアストラップ

    モジュラーギアストラップ

    サイドコンプレッションは取り外し可能。本体に付属した複数のアタッチメントポイントに取付、自由にカスタマイズしてギアを外付けできます。

  • 12

    画像:ボトムストラップ

    モジュラーギアストラップ活用例

    ユーザーの登山スタイルに応じて自由にカスタマイズできるよう、複数のアタッチメントポイントを付属。

  • 13

    画像:サイドポケット

    サイドポケット

    さまざまなサイズのボトルや小物の収納に便利なパワーストレッチメッシュ生地を使用したサイドポケットです。

  • 14

    画像:バリフレックスヒップフィン

    バリフレックスヒップフィン

    腰の動きに連動するマルチレイヤー構造の大型ヒップフィンは、常に高いフィット感をキープ。

  • 15

    画像:ボトルホルダー

    ボトルホルダー

    右側のヒップフィンポケットには、ファスナー開閉式のボトルホルダーが搭載。(対象モデル:55+10SL、65+10SL、60+10、70+10 のみ)

  • 16

    画像:専用レインカバー付属

    専用レインカバー付属

    エアコンタクトコアにジャストフィットするレインカバーが付属。トップリッドに収納されています。

  • 17

    画像:ヘルメットホルダー用ループ

    ヘルメットホルダー用ループ

    ヘルメットホルダーを装着するためのアタッチメントポイントを装備。ヘルメットホルダー本体は別売となります。

エアコンタクトコアの
ラインナップ

エアコンタクトコアの
全ラインナップを見る
TOPへ戻る