画像:ロングトレイル山林シーン

 DEUTER IS 
 LIGHTWEIGHT 
 COMFORT 

軽いだけの時代はおしまい

定評のある快適な背面通気性、背負い心地のよさに、軽さを融合させたトレッキングモデル「エアコンタクトウルトラ」。 容量50+5Lで1,210g。いたずらに製品の軽さだけを追いかけることなく、ドイターが長年にわたり追い求め続けている背負い心地のよさにもこだわったバックパックです。

画像:エアコンタクトウルトラ製品画像

軽量化した装備でより速く、より遠くを目指すファストパッキングだけでなく、快適でシンプルなバックパックで軽快に歩きたいハイキングにもおすすめです。

どんな山でも最大限に楽しみたいなら、背中の荷物は「エアコンタクトウルトラ」にお任せください。

画像:エアコンタクトウルトラ製品画像

バックパックの矛盾を解決する新素材

画像:バックパック背面メッシュ構造

荷物の総重量が大きくなる大型バックパックは、どうしても背中に密着しがちです。すると、こもった熱による蒸れや汗で背中は冷たく湿ってしまい、休憩時などに風にさらされた場合、たちまち体温と体力を奪う元凶となります。一方で、通気性を重視した従来のメッシュ構造ではバックパックの背面に十分なクッション性を持たせることができず、大型バックパックで背負う重荷を受け止めるには力不足でした。

画像:エアスペーサーメッシュの断面図

エアスペーサーメッシュの断面図

背面の快適性を保ちながら、重荷を受け止める必要十分なクッション性をもち、さらに軽い。そんなワガママな要求に応えるためにドイターが新たに開発したのが、新素材「エアスペーサーメッシュ」です。
「エアスペーサーメッシュ」は、表面メッシュ生地と内部の細かな繊維状の層が一体となって、空気が循環するのに十分な空間を作り出します。また繊維状の層にはフック状に起毛した素材が配置され、それらが上下に反発しあうことで柔らかなクッション性を生み出しています。
長時間のハードな行動でも、通気性が高いため熱気や蒸れがこもりにくく、背中のドライ感を持続。背中への当たりの硬さも和らげてくれるため、快適に歩き続けられるのです。

 

少しの重さが、重い荷物を "軽くする"

画像:エアコンタクトウルトラ背負い心地イメージ

10kg以上の重い装備を背負う場合、バックパックの本体重量と背負い心地のよさはトレードオフの関係です。ユーザーにとって真に快適なバックパックをデザインすることをミッションとして掲げるドイターには、背負い心地をスポイルしてまで軽量化を追求する選択肢はありません。
時にバックパックの重量が数十グラム、数百グラム重くなろうとも、削るべきでないパーツはきちんと作り込む。そうすることで、ユーザーが背負っている荷物の重さを数キログラム分も軽く感じさせることすらできるのです。
エアコンタクトウルトラは、ユーザーの体に合わせてサイズ調整可能なバックレングス、バックパックの型崩れを防ぎ的確に腰へと荷重を伝達するフレーム、骨盤を包み込み歩行動作に連動するヒップフィンによって、軽量ではありながら、重量級バックパックに匹敵する快適な背負い心地を実現しています。

画像:バックパック背面イラスト
画像:バックレングス調整

体格に合わせサイズ調整可能なバックレングス

背面長のあったバックパックを選ぶことは、適切な荷重分散の第一歩です。エアコンタクトウルトラでは、ショルダーハーネス基部のカラビナを掛け替えることで、2cm刻み、3段階にバックレングスが調整できます。レギュラーモデルは44-46-48cm、SLモデルは40-42-44cmに対応しています。

画像:スプリングスチールフレーム

型崩れを防ぎ、荷重を受け止めるスチールフレーム

背面に内蔵したスプリングスチールフレームの剛性によって、バックパックの荷重を確実にヒップフィンへと伝達します。

画像:ヒップフィン

腰を包み込み動きに連動するヒップフィン

人間工学に基づき設計され、伝達された荷重を快適に受け止められるよう、2層構造のヒップフィンが骨盤を優しく包み込みます。さらに「バリフレックスシステム」が歩行運動に追従してヒップフィンをピボット可動させることで、常に高いフィット感を保ちます。

冒険の相棒に求める条件は、繊細さじゃない

画像:エアコンタクトウルトラ生地素材

エアコンタクトウルトラは軽さと強度の理想的なバランスをとるために、200D 2x2リップストップナイロンを採用。耐久性を向上させるため、高強度ポリエチレン繊維が格子状に織り込まれた生地は、軽量でありながら耐久性が高い仕様です。岩場や藪などでの擦れに神経をとがらせることなく歩くことができます。
また、背面に内蔵した適度な弾性をもつスプリングスチールフレームは、細身ながら必要十分な縦方向への剛性をもち、およそ15kgまでの荷物の荷重を難なく受け止めます。

エアコンタクトウルトラの主な機能

  • 1

    アジャスタブルリッド

    アジャスタブルリッド

    トップリッドの高さを伸長でき、メイン気室の容量を増やすことができるシステム。

  • 2

    デタッチャブルリッド

    デタッチャブルリッド

    トップリッドは取り外し可能で、登山シーンに応じて使い分けることができます。

  • 3

    トップリッドポケット

    トップリッドポケット

    ヘッドランプやファーストエイドキットなど、貴重品や小物が収納できるトップリッドポケット。

  • 4

    ハイドレーション対応

    ハイドレーション対応

    本体内部に格納可能なハイドレーションパックからのチューブポートを設けています。

  • 5

    ショルダースタビライザー

    ショルダースタビライザー

    自分の肩の形状に合わせながら荷重を体に引き付けることができるスタビライザーベルトです。

  • 6

    ストレッチフロントパネル

    ストレッチフロントパネル

    行動中に脱ぎ着するアウターシェルやレインウエアなど、アイテムを一時的に収納できるスペースです。

  • 7

    チェストストラップ

    チェストストラップ

    高さ調整が可能な取り外し式のチェストストラップです。

  • 8

    マルチギアループ

    マルチギアループ

    小型のカラビナ付きアクセサリーポーチなどを付けることが可能なループを設置。

  • 9

    モジュラーギアストラップ

    モジュラーギアストラップ

    サイドコンプレッションは取り外し可能で、複数のアタッチメントポイントに自由にカスタマイズして様々なアイテムの取り付けが可能です。

  • 10

    サイドポケット

    サイドポケット

    さまざまなサイズのボトルや小物の収納に便利なパワーストレッチメッシュ生地を使用したサイドポケットです。

  • 11

    バリフレックスヒップフィン

    バリフレックスヒップフィン

    腰の動きに連動するヒップフィンは常に高いフィット感をキープ。

  • 12

    ヒップフィンポケット

    ヒップフィンポケット

    スマートフォンサイズまでの小物アクセサリーの収納に便利なファスナー付きポケットです。

  • 13

    専用レインカバー(別売)

    専用レインカバー(別売)

    エアコンタクトウルトラにジャストフィットする軽量な「レインカバーウルトラ」(別売)。重量は75g、40D PA リップストップを使用し、PUコーティング、シームテープが施されています。

  • 14

    ヘルメットホルダー用ループ

    ヘルメットホルダー用ループ

    ヘルメットホルダーを装着するためのアタッチメントポイントを装備。ヘルメットホルダー本体は別売となります。

エアコンタクトウルトラシリーズのラインナップ

全ラインナップを見る
TOPへ戻る