Deuter
MENU

ドイターについて

1898年(日本では明治31年)、ドイターはドイツ南部の街、アウグスブルクで生まれました。創業当初、郵便局などの業務用袋をつくっていたドイター社は、地元の郵便局の集荷袋などの大量注文を得ます。頑丈で丁寧な仕事が評価され、その後ドイターはバーバリア郵便局から郵便袋の独占製造権を与えられ、経営を軌道に乗せることに成功しました。

時代が進み、世は未知の世界への遠征に目を向けるようになります。1934年のドイツ隊のヒマラヤ遠征、1938年のアンデール・ヘックマイヤーのアイガー北壁登頂、1953年のヘルマン・ブールのナンガ・パルバット登頂などへの用品サポートにより、ドイターは山岳用バックパックとしての地位を確実なものにしました。ドイターはその後も当時無理といわれていた数々の革新的な技術を積極的にバックパックに反映させ、徐々に評価を高めていきます。
そして1984年、背中の部分にメッシュパネルを採用を張り背中と荷物が密着しない「ドイター・エアコンフォート」を開発し、その後特許を取得しました。

ドイターは用途に応じたバックパックを作り、ユーザーの快適性を高めることでよく知られています。中でも、バイク(自転車)専用のバックパック、ドイツの工業製品認証機関であるTÜV(テゥフ)認証のチャイルドキャリアを世界で初めて開発したり、SLウィーメンズフィットとして女性専用設計のバックパックを開発しています。長い歴史の中、ドイターが成長を続けてこられたのは、ユーザー本位のもの作りというポリシーがあったからに他なりません。

「バックパックの製造を通して、冒険者のパフォーマンスを高めたい」。

これこそがドイターの目指す、もの作りの姿勢なのです。

ドイターのあゆみ

  • 1930

    1930

    背面の通気性を考慮したバックパック。「ドイター・タウエルン」

  • 1930

    1938

    アンデール・ヘックマイヤーがドイターのバックパックと共にアイガー北壁初登頂

  • 1984

    1984

    特許を取得したドイター・エアコンフォートシステムを開発

  • 1995

    1995

    世界初のTÜV認証チャイルドキャリア発表

  • 2018

    2018

    フューチュラシリーズを刷新

  • 2019

    2019

    ドイター・エアコンタクトシリーズを刷新