ランタン

ねじ込み式のガスカートリッジを接続し、ガスを燃焼させて明かりをとるための道具です。使用に際しては「マントル」と呼ばれる発光体を使用し、事前にカラ焼きをして炭化させる必要があります。
ランタンの照度は、暗所で光源(マントル)から40cm離れた位置に照度計を置き、気温25℃でIP-250Tガスを使用し、ホヤを外した状態で計測した時の最大値です。照度は焼成マントルの形状、ホヤの種類、気温などの環境で変化します。