「アルパインプロGT」という
新しいLOWAに出会った。

ローバー・アルパインプロGT

製品情報ページヘ

文:森山憲一(山岳ライター)

本ページの内容はインプレッション記事のため、使用者個人の感想を含んでおります。

剱岳で新しいローバーを試した
かかとにはコバがあり、セミワンタッチアイゼンも装着可能

新しいローバーの顔

第一印象は「えっ、これがローバー!?」。というのも、ローバーというと、クラシックなレザーブーツの印象が強かったからだ。それに対して、この「アルパインプロGT」は、いかにも現代的なアルパインデザイン。

ローバーは1923年創業のドイツの老舗登山靴メーカーだが、聞くところによると、2016年度まで日本で展開されていたモデルの多くは、ヨーロッパで展開しているモデルと異なり、日本独自路線を歩んでいたそうだ。2017年から代理店がイワタニ・プリムスに変わり、日本でも本場ヨーロッパの流れを取り入れたグローバルなラインナップを扱うようになったのだという。 ローバーのバックパッキングやトレッキング用の靴はいまでもドイツの本社工場で生産している。しかし、一部のアルパインブーツは岩稜登山の本場、イタリア工場の職人によって生産されている。靴のモデルによって工場を使い分けているらしい。

アルパインプロGTは、イタリア生産のアルパインシリーズのフラッグシップモデル。見た目の印象が違っていたのはそういうわけか。硬めのソールにかかとのコバを備え、アイゼンにも対応する、アルパインクライミングやハードトレッキング向けのブーツだ。特徴的なのは取り外し可能なタンで、ベルクロで位置を自在に変えられるため、微妙なフィットの調整ができるようになっている。3シーズンブーツで、こうした凝った仕組みを採用しているものはあまりない。

別パーツになっているリムーバブルタン。取り付け位置の自由度が高く、アタリ調整がしやすい
ソールが適度にしなるため、フラットな道も歩きやすい

ナチュラルな歩行感

歩き出してみると、思った以上にマイルドな歩行感。この手の靴は硬めでカチカチした履き味になることが多いのだが、アルパインプロGTはソールがほどよくしなり、フラットな道も歩きやすい。このクラスの靴としては、非常にナチュラルに歩ける靴だと感じた。つま先の形状もよく、先端がへんに引っかかるような感じもない。このへんはさすがにローバーらしいところで、これなら普通のトレッキングも含めて、幅広く使えそうである。
歩き出し当初は足首周りがいまひとつしっくりしなかったのだが、一度タンを取り外してベストの位置を探してセットし直したところ、フィット感がぐっと向上。こういう部分は、買ったままの状態で履き続けてしまう人が多いと思うけれど、これは絶対に一度自分でセッティングをすることをおすすめする。

これくらいの小さな足場でも不安感がない
足の置き場が狭いことで知られる剱岳の「カニのヨコバイ」。アルパインプロGTなら、これくらいのスペースがあれば楽勝で立てる

岩場と雪渓の登りやすさ

岩場は、この靴の本領というべき場所。ソールがほどよい硬さのため、小さな足場でもバチッと安定して立てる。ここが、一般的なトレッキングブーツと最も違いを感じられるポイントだ。靴内部でつま先がソール先端の真上にくるような設計になっているらしく、狭い段差にも立ちやすい。この設計を生かすためにも、これはぜひ、ジャストサイズで履くべき靴だろう。

雪渓もある程度の傾斜まではノーアイゼンで登れる。一般登山道で出てくる雪渓ならば、ほとんどの場所でアイゼンの必要性は感じないと思う。靴に剛性があるため、軽く蹴り込んだだけで、雪面にがっちり足場を作ることができるのだ。動画を見てもらえればわかるけれど、ステップにエッジが立っている。剛性が低く、ソールもラウンドしている一般的なトレッキングブーツだとこうはいかない。丸まったステップしか作れず、滑りやすくなってしまうのだ。

他の一般的なアルパインブーツに比べるとかかとの抑え込みが緩やかだ。これが長時間の縦走にも対応できることにつながっている。

難所での強さ+歩きやすさ

アルパインプロGTに向いているのは、剱岳や穂高岳など、岩場や雪渓の多い山。こういう場所に向いたブーツはほかにもあるが、アルパインプロGTが特徴的なのは、歩行性能も高いところだろう。ソールを硬めにすると岩場や雪渓は登りやすくなるが、フラットな場所は歩きにくくなってしまう。その点、アルパインプロGTは、硬すぎない絶妙な設定。それによって、岩場の山だけでなく、縦走などでも使えるブーツに仕上がっている。剛性が高いため、重荷を背負った縦走などにもよいと思う。見た目は攻撃的だが、尖りすぎないオールラウンド性が、この靴の大きな特徴になっている。


photo森山憲一(もりやま けんいち)
山岳ライター。登山雑誌で人物取材や用具解説記事などを担当するほか、ちかごろはカメラマンとして岩場でクライミング撮影をすることも多い。もっとも好きなジャンルはアルパインクライミングで、岩と雪の入り交じったバリエーションルートが大好物。